風邪の時の漢方薬選び、葛根湯は間違い?

風邪を早く治したいなら、正しい漢方薬の選び方を知っておきましょう。

風邪の漢方薬として有名なのは葛根湯ですが、全ての風邪の症状に効果があるわけではないので、自分自身の症状に合わせて漢方薬を選ぶ必要がありますよ。

葛根湯は長期連用に適していない薬なので、長く服用していると逆に体調が悪くなってしまうと言われていますよ。

例えば寒気が強い場合で、脇の下に汗はかいていないけど首や肩や後頭部にコリがあるという人は葛根湯が良いという事ですが、葛根湯は汗をかいている時には使えないので注意しましょう。

寒気が強くて汗をかいていない場合で、節々に痛みがあったり、咳をしている人は麻黄湯という漢方薬が良いと言われていて、寒気があって汗をかいている場合には、桂枝湯という漢方薬が適しているのだそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です