シロップ薬の飲ませ方

シロップ薬はお薬の量の調整がしやすいことから、特に赤ちゃんに対して処方されることが多いお薬です。
お子様が飲むことを想定してお薬に甘味や香りが付いているのが特徴で、溶ける時間が必要な錠剤やカプセル剤よりも吸収が早いというメリットがあります。

飲ませる時には泡が立たない程度に良く振ってお薬の濃度を均一にし、カップ一回分のメモリの分を飲ませましょう。
小さなお子様の場合にはスプーンが使えるなら少しずつ奥の方に入れて飲ませてください。
この時にお薬を吐き出してしまうことがありますので、心持ち奥にスプーンを入れて自然とゴクンと飲めるようにしてあげましょう。

哺乳瓶を使う赤ちゃんなら空の乳首にシロップを入れて吸わせてみてください。
最初に乳首を吸わせておいてから、適量を入れてあげるとスムーズに飲ませられると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です