薬の正しい保存方法

薬と一言に表しても様々な種類がありますが、どのように保存されていますか?
実は薬も食べ物と同じく正しく保存をしていないと効果が下がってしまうだけでなく、場合によっては身体に害を及ぼす危険性があります。

薬の保存方法は冷蔵庫での保存、室温での保存の2つに分けられます。
シロップやインスリン、坐薬などは冷蔵庫になりますが、一部のこれらの薬は冷蔵庫に入れてはいけないものも存在していますので、薬剤師の話をしっかりと聞き確認しておきましょう。

一方で室温での保存になるのが錠剤やカプセル、粉薬、軟膏、クリーム、吸入剤、点耳薬、湿布となります。
これらは室温ならどこでも良いという訳でなく、直射日光があたらず湿気の少ない所に置くようにしてください。
どうしても湿気が気になる場合、湿気の多い時期等は薬の近くに乾燥剤を置くようにすると更に安全です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です