薬の飲み合わせに注意する理由

薬を飲む時には気をつけなければならないことがいくつかありますが、特に薬同士の飲み合わせや一緒に飲む飲み物との組み合わせは気をつけたいポイントとなります。

薬同士は病院から処方された薬なら飲み合わせも考えられているので、指示された通りに飲めば安全ですが、市販薬同士の飲み合わせは薬剤師に相談したり、飲み物は水かぬるま湯で統一するのが一番安全です。
間違った飲み合わせをしてしまうと効果がなかったり、逆に強く聞きすぎてしまったりする危険性があります。

特に危険なのが炭酸飲料で、実際に炭酸飲料に薬を混ぜてみると分かりますが、全く溶けることがないので体内に入っても吸収されることがありません。
更にコーラにはカフェインが含まれていますから、鎮静剤や抗生物質などのお薬に影響が出るとされています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です