粉薬、カプセル剤を楽に飲む方法

粉薬を飲むのが苦手という方の多くは、最初に粉薬を口の中にいれてから水で流し込むという飲み方をしています。
しかし、これでは粉薬の苦い味も感じやすいですし、何よりも飲んだ後に喉に薬が貼付いてしまって不快感が残ってしまいやすいです。

そこでおすすめの飲み方は、まず最初に口に少し水を含んでから粉薬を含むという方法です。
口に水を含んでから顔を上に向け、水の溜まっている所に粉薬を落とすように含みましょう。
そして再び少量の水をコップから飲みつつ、一気にゴックンと飲み干してしまうと、喉に粉薬がくっつかず、味もあまりせずに簡単に飲むことが出来ます。

またもう1つ、カプセル剤もサイズが大きいものが多いことから、飲みにくい薬として良く挙げられます。
通常の薬は上を向いて飲むのが正しい方法ですが、カプセル剤に関しては、下を向いて飲むのがコツとなります。
カプセル剤は水に浮く性質があるため、上を向いて飲もうとすると口の外の方にカプセルが浮いてしまうため飲み辛いのです。
下を向くようにすればカプセル剤は喉の方に浮くので、飲みやすくなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です