医療用医薬品を処方箋無しで買う時の注意

病院で医師から処方された薬がそろそろ無くなるという時、もう一度病院に行ってもう一度処方してもらうのが一般的ですが、忙しさから中々病院に行く時間が無いと困ってしまいます。

処方箋有りで手に入る薬は「医療用医薬品」と言われていて、ドラッグストアで売られている市販薬よりも効果が高く、副作用が出る可能性が高いです。
しかし、医療用医薬品の中には「必ずしも処方箋が必要ではない」ものもあるのはご存知でしたでしょうか。

個人輸入薬などがその一例にあたりますが、処方箋を貰わずに入手した医療用医薬品にはメリットもデメリットもあります。
メリットとしては市販薬よりも効果が高い薬が短時間で、そして安く入手できる点でしょう。
一方でデメリットは、医薬品は効果が強い薬のため、強い副作用の心配がある点です。
また、病院を介さずに入手していますので、万が一何か副作用が起こった時には完全に自己責任になってしまうのも忘れてはいけません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です