薬に「食後」が多い理由

薬を服用するタイミングは食前・食中・食後が一般的ですが、この中で最も多いのは「食後」をタイミングする薬です。
なぜ食後が一番多いのかというと理由は非常に単純で、「薬の飲み忘れが少ないから」なのです。

例えば食前に飲んでくださいと言われても、食べる前はお腹が空きすぎていてつい飲み忘れてしまうということもあります。
一方で食後なら気持ちも落ち着いていますし、タイミングとして忘れにくいタイミングとなります。
もちろん薬によっては食前に飲まないといけないものや、食中に飲まないと行けないものもありますが、これらのように特別な理由が無い限りは基本的に食後に飲むように指示されます。

例えば漢方薬は胃が空っぽの時に飲むことで薬がより吸収されるという理由から、食前に服用するものが殆どです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です