目薬の正しい使い方

「目薬が手放せない!」なんて方もいるとは思いますが、目薬もちゃんとした正しい使い方が大切なお薬なのです。

目薬は非常に繊細ですぐに菌に汚染されてしまいます。
そのため目薬をさすときには、先端が瞼や眼球、まつ毛にあたらないようにしたり、家族で1つの目薬を使い回すということもやめましょう。

また目薬の中には使用する際に特別な注意が必要なものがいくつかあり、例えばよく振ってから使うと注意されているものは、そのままの意味で使う前に振ってから使います。
他にも粘性が高い目薬の場合は、使用後に目がかすむ可能性があるため、使用後の運転を控えるように注意されていることがあります。

このように目薬と言っても様々な特徴を持つものがありますから、事前にしっかりと説明を聞いて正しく使うようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です