急に服用を辞めると危険な薬

どんな薬でも自己判断でやめてしまうと本来の効果を得られなくなってしまう可能性がありますが、中にはそれだけでは済まない危険な薬もあります。
薬は服用している間だけ効果が持続するものと、服用をやめてしまうと危険な状態になってしまうものがあるのです。

その代表的な薬としてまず挙げられるのが「降圧薬」で、薬によって落ち着いていた血圧が薬を飲まなくなることで急上昇してしまい、脳出血や脳血管障害などの重大な症状を起こしてしまう危険があります。
また副腎皮質ホルモン薬は、長く服用することでホルモンを分泌する機能が低下するのですが、その状態になった時に服用を急にやめてしまうとホルモンの欠乏症に陥ってしまい、万が一感染症や事故にあったり、手術をしなければならなくなった時に大変危険です。

他にも急に服用を辞めることで命の危険にも繋がるお薬は多くありますので、必ず処方した医師の指示を守って薬と付き合っていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です