薬の副作用が起こる原因

風邪薬を飲んだら眠くなった、という経験がある方は多いのではないでしょうか。こうした症状は副作用によることがほとんどです。
副作用とは、薬を飲んだ時に薬の効果以外の症状が出ることを指します。

副作用が起こる原因として、複数の作用を持つ薬だったり、用法・用量を誤ってしまい強く効果が出てしまったり、飲む人の体質が強く関係していたりと様々です。
また高齢者の場合、肝臓や腎臓の機能低下により薬の代謝が通常より低下することもあります。
代謝が低下していると薬が体内に残りやすいので、正しい使い方をしていても副作用が起こってしまうことがあります。

副作用の症状として起こりやすいのが眠気や胃の不快感、発疹、かゆみ、便秘や下痢です。
そして最も恐い副作用が強い皮膚症状や呼吸困難、意識の混濁、血圧低下などを引き起こすアナフィラキシーショックです。
薬の服用後に強い副作用が出てしまった場合は、すぐに服用を中止して医師の診断をうけるなどしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です