薬の頼りすぎは良くない?薬中毒に気をつけよう

日本と世界とでは薬についての考え方が異なると言われていて、日本人は薬に頼りすぎていると言われているのだそうです。

日本では国民皆保険制度という国民全員が平等に医療を受けるための制度があるため、医療費の自己負担が少ないため必要は時に必要な医療が利用できるというシステムがあり、これは世界からも注目されているのです。

この利便性の高さや、頻繁に薬の広告を見る機会がある事によって、ちょっと体調を崩しただけでも病院をすぐ受診したり、安易な薬の利用が行われているのですが、病院に行っても薬ありきの治療が行われている事も原因の一つだと言われています。

しかし、薬には必ず何らかの副作用があるため、薬は体を治すだけでなく毒にもなり得るのだという認識を持つ事が大切なのだそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です