実は危険な薬、服用には注意?!

世界には様々な医薬品が存在していますが、薬はその効果と引き換えにリスクも抱えていて、その中でも特に危険な薬がありますので服用しないよう注意しましょう。

抗生物質を病院で処方された経験のある方も多いかもしれませんが、抗生物質はウイルスには効果がありませんし、腸内の良い細菌まで破壊してしまい免疫力が低下したり、治癒が遅れてしまうのだそうです。

乱用してしまうと危険ですから、風邪の人が抗生物質を服用するのはオススメできませんよ。

抗がん剤は癌の治療で使われている薬ですが、がん細胞を攻撃する抗がん剤は他の正常な状態の細胞まで攻撃してしまうので副作用が起こりやすいのです。

よく報告されている副作用として、脱毛や体の痺れ、貧血や吐き気、下痢や倦怠感などがあるそうですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です