漢方の風邪薬の選び方とは

風邪を引いて漢方薬の服用を考えていなら、風邪薬の選び方についてご紹介いたしますので、ぜひ参考にしましょう。

日本で有名な風邪の薬は葛根湯があり、葛根湯や桂枝湯は皮膚から入り込んでくる外邪を防ぐために使うので、寒気の症状など風邪のひき始めに良く効くのです。

桂枝湯を服用する時にオススメの食べ物はお粥であり、体を温めながら症状を改善させることが良いそうです。

銀翹散は比較的新しい漢方薬であり、体内に入りつつある外邪を体内で戦い、冷やして治すという処方なので発熱の症状が辛いという時に使うことができるそうですが、副作用として吐き気や悪寒などの症状が出るそうです。

漢方薬にも種類がありますので、自分の症状に合わせて、適切な漢方薬を使用することが大切なのです。

https://youtu.be/HO_rGw13Dvk

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です