薬で病気は治るのか?

薬を飲むと症状が和らいだり体が楽になりますが、医薬品は病気を根本から原因を治すための物ではありませんし、多くの医薬品は症状を抑えるための対症療法として使われています。

高血圧や糖尿病など生活習慣病の薬は一生飲み続けなければなりませんが、これを飲んだからといっても症状が完治するわけではないので、薬の服用を止めると症状が元に戻ってしまうのです。

元々、死の病だと言われていた病気も、薬を服用することにより症状と付き合っていけるようになったので、薬は人間の健康のために役立っていると言えます。

病気を根本的に治せる薬には抗菌薬がありますが、基本的には人間の体は薬に頼ってばかりではなく、本来持っている自然治癒力に頼ることこそが大切なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です