症状にあう漢方薬を選ぼう

風邪とは鼻や喉からウイルスが侵入して感染し、その異物を追い出すために咳や発熱、鼻水などの症状が出るのです。

薬局で購入できる風邪薬のほとんどが総合感冒薬という薬で、一時的に辛い症状を抑えることができますが、ウイルス感染症や風邪に直接効果のある薬はありません。

風邪を根本から治したいなら、症状や患者の体調に合う漢方薬の服用がオススメですから、風邪を治したいなら引き始めの時に免疫力をアップさせたり、抵抗力をアップさせる必要がありますよ。

例えば、引き始めなら葛根湯やギンギョウサン、水のような鼻水や痰の症状には小青竜湯、吐き気や腹痛があるなら柴胡桂枝湯、口が乾いているなら五虎湯や麦門冬湯、風邪が長引いているなら竹茹温胆湯などを選びましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です