薬の効き目と副作用、安全性への影響とは

医薬品に関する知識を理解しておくと安全に服用することができますので、今回は食べ物との相互作用や飲み合わせについてご紹介いたします。

症状が悪いからといって複数の医薬品を服用したり、特定保健用食品などと一緒に薬を服用した場合には、医薬品の作用が強く出たり、逆に作用が弱く出るという相互作用が引き起こされるのだそうです。

この作用によっては副作用も発生しやすくなりますし、薬の十分な効果が得られない場合がありますので、服用する予定の医薬品と相性が悪い薬や食品の摂取は控えましょう。

疾病を複数抱えている人は、特に医薬品の相互作用について注意する必要があり、併用する薬が問題ないかどうかを医師に相談することが大切ですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です