薬を飲んで運転してはダメ?

最近、芸能人が薬を飲んで運転し事故を起こしたことが話題になっていましたが、事故を起こしていなくても、薬を飲んで運転すると逮捕されるのだそうです。

薬の中には眠気が強く出る薬も存在しており、アレルギーを抑える薬などにも含まれていますし、精神安定剤やてんかんの薬も眠気が出やすいと言われています。

道路交通法第66条では、過労や病気や薬物の影響で正常な運転ができない恐れがあるなら車両などを運転してはいけないと書かれていますし、医薬品添付文書には眠気を催すことがあり運転しないよう注意が書かれているのです。

眠気を催す恐れがある薬は、法律にも引っかかる場合がありますので、運転前には服用しないよう注意したり、眠気のある薬を選ばないよう気をつけましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です