軟膏を正しく塗る方法

軟膏は正しい塗り方をする事で、より一層肌に浸透させられて本来の効果をしっかり得られたり、塗ること自体も苦にならなくなります。

まず用意するものは軟膏とディスポーザブルの手袋です。
軟膏を塗る部分は綺麗なタオルで拭き取るなどして清潔にしておき、軟膏を手に取って指の腹で円を描きながら擦り込むようにして塗っていきましょう。
広範囲の場合は手の平全体を使って擦り込むようにすると早く塗ることが出来ます。
塗る場所や状態によって直接塗るのではなく、一度綿球やガーゼに軟膏を出して塗るようにするといいでしょう。

また軟膏を塗る際には塗って終わりにせずに、その後の皮膚の経過観察も行なうことが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です