薬を正しく付き合おう

薬は、知っているようであまり知られていない正しい服用方法・管理方法がありますので、特に薬を飲む機会が多い高齢者の方は覚えておきましょう。

処方された薬がまだ残っているけど、症状が和らいできたので服用をやめたという経験のある方もいるかもしれませんが、用法用量を守って正しく服用することにより、薬の効果が発揮できますので飲み残しはせず、きっちり飲むことが大切なのです。

もし自分の勝手な判断で間違った服用を行っていると、症状が改善しなかったり、悪化してしまうことも考えられますので、残薬を減らすためにドラッグストアでは新たな取り組みを行っている所も多いようです。

飲み残しを減らすことは、医療費を削減することにも繋がりますので、薬は薬剤師や医師の指示通りに飲むようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です