風邪薬の仕組み

風邪を引いたら風邪薬をすぐに飲むという方いらっしゃるかと思いますが、風邪薬は風邪自体を治す薬ではないということを理解した上で服用しましょう。

風邪の80~90%はウイルスによる感染なのですが、風邪のウイルスの種類は非常に多いので特定が不可能で、風邪の特効薬は存在していないのです。
風邪薬と呼ばれているものは、西洋薬なら症状を抑えることを、漢方薬なら自然治癒力を高めることを目的にした薬となり、そのような効果を発揮致します。

もちろん、風邪を引いたことが原因の諸症状が辛く、夜良く眠れなかったりするようなことがあれば、薬を飲むことで症状を和らげて身体を楽にすることができたりします。
しかし、すぐに薬に頼ってしまうと、症状が軽くなったからと無理をしすぎてしまい、結果的に風邪自体を長引かせてしまう原因にもなりますので、自分が薬が必要だと感じた時に服用すべきなのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です