うつの薬と副作用

うつ病など精神的な疾患を患った場合には、抗うつ薬の服用を勧められることがありますが、効果はすぐには表れず飲み続けていることで徐々に効果が発揮されて症状が改善するという特徴があるのです。

飲み始めた頃には、特定の器官を刺激するため副作用として吐き気などの症状が表れますが、焦らず体を慣らす必要があるようです。

うつ病になると否定的な考えが強くなるため、薬の服用にも消極的になりがちですから、医師と薬の服用に関する相談をしましょう。

薬を増量したり、飲み始めの頃にはイライラ感や不安感、怒りっぽくなったり興奮しやすくなったり、パニック症状が表れることがありますが、一過性の症状ですから心配せず見守り、医師に相談しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です