妊娠中に服用してはならない薬

妊娠中・授乳中の方は、風邪等で体調が悪い時にお薬を飲んでもいいか、疑問に思う方は多いでしょう。

妊婦は薬の作用が本人だけでなく、胎児にも影響が及ぶので、出来るだけ飲まない方が良いとされており、ドラッグストアで販売されているお薬は、妊婦や胎児に対する安全性が確認されていないものも多いので注意し、医師から処方されたお薬についても、いつも以上に医師の指示に従って服用することが必要なのです。
授乳中でも薬の成分が母乳に含まれてしまい、母乳を通じて乳児に影響を与える可能性がありますので、妊娠時と同様に医師の指示通りに服用しましょう。

薬のことで少しでも気になる事があるのならすぐに医師、薬剤師に相談できるようにする事も大切ですので、実践してみましょうね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です