薬の量に疑問を感じた場合は

薬は服用している人によっては、量が多かったり少なかったり、種類が違ったりしますよね。その薬品の量に疑問や不安を感じることがあったりしますよね。

薬の種類や量に不安を感じた場合は、疑義照会という方法で、疑問を解くことができるそうです。この種類の薬は私に合っていないのではないかと思った時には薬剤師に不安を伝えると良いそうですよ。

薬剤師に不安を伝えると、薬剤師法が適用され、薬剤師は処方箋中に疑わしい点がある時は、その処方箋を交付した医師、歯科医師又は獣医師に問い合わせてその疑わしい点を確かめた後でなければ、これによって調剤してはならないという話があるそうです。

薬剤師は医師に聞いてくれますので、コミュニケーションもとれますし、安心できることでしょう。薬に疑問を感じた時はお気軽に薬剤師に相談してみてはいかがですか。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です