薬の飲み合わせで注意する事

例えば普段服用している薬があり、更に最近別の医師から薬を処方されたというような場合、自己判断で両方の薬を飲んでしまうのは危険です。
薬はどのような場合でも2種類以上重なってしまうと、相互作用で効果が必要以上に強く出てしまったり弱くなってしまったり、更には身体にとって悪い効果を表す可能性もあるのです。

もちろん一度の診察で複数の薬が処方されたという場合は安心ですが、それぞれ別の所から入手したものを合わせて飲んでしまうと、身体にどのような影響が出るか分かりません。

複数の医療機関を受診していたり現在服用している薬がある場合には医師に伝え、飲み合わせに問題のない薬を処方してもらうなどの対処をしてもらいましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です