大衆薬と医薬品の違い

大衆薬と医療薬の違いとは何でしょうか、知らない人も多いのではないでしょうか。
薬は薬ではないかと思っている人たちも多いことでしょう。私もその2つの薬の違いが分かりませんでした。

大衆薬とは一般用医薬品のことを指し、市販薬とも言われ、薬局で誰でも買えるという、処方箋も要らないので、簡単に買える万能薬なのです。しかし、医師の処方箋がないため、作用が弱いというデメリットがあります。ですが、薬を購入する際は薬剤師に相談することは必要でしょう。

医療用医薬品は、そのままの意味で、医師の処方箋がないともらえず服用もできない薬なのです。診断に基づいて薬を選び、用量や用法も選定されているのできちんとしているといえるでしょう。効き目も副作用も強いですので、医師の指示を守り、きちんと服用しましょうね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です